原因に依る早漏タイプ

日本人の3人に1人が早漏に悩まされていると考えられています。
これは性交渉の時にパートナーの女性が性的に満足をしないうちに男性が射精をしてしまうという症状となっています。
この原因はさまざまなことが考えられていますが、精神的なことが深く関係していると考えられています。
原因に依る早漏タイプは次のようになっています。
心因性早漏は、ストレスや不安や緊張などの気持ちが原因となって生じています。
したがってある日突然早漏になってしまったという場合にはこの心因性が大きく疑われます。
改善するためにはその要因を発見すると言うことになります。
直接ペニスに刺激を与えなくても、頭の中で性的な想像や妄想をするだけで勃起してしまいます。
性交渉に対する劣等感や不安、恐怖感を抱いているという人が怒りやすいと考えられています。
過敏性早漏というものがありますが、これはペニスの感覚神経が非常に敏感になっているために生じてしまいます。
これは早漏に悩まされている人の中でもっとも多い原因となっています。
少しの性的な刺激が加わるだけですぐに射精をしてしまうのです。
ペニスが敏感になっていると言うことで、大脳よりも先に外的刺激で脊髄の末端にある射精神経が反応してしまうのです。
したがって自分の思いとは関係なく不本意に放出してしまうのです。
これは性欲や勃起力が旺盛な若い人やスポーツマンタイプの人に多く見られるようになっています。
包茎性早漏というものもありますが、これは亀頭がペニスの包皮に覆われているという状態で、性交渉の時に過剰な刺激によって射精コントロールが上手にできないと言うようになっています。
日本人男性の60パーセント以上が包茎といわれているので、これが包茎性早漏と関係があるようです。

<早漏に関する治療薬はこちら>
スーパーPフォース