夫の高血圧症を回避は妻の努力が大事、早漏は焦りから

夫の健康管理を行う事もまた妻の役目です。内助の功という言葉は死語だと言われていますが、今も昔も成功する男性の影には妻の献身的な支えがあります。
素晴らしい成果を出す経営者、アスリートの影には夫の健康を気遣う妻の献身的な支えがあり、言わば昔ながらの内助の功を実践した夫婦こそが、社会的な成功者となり得るのです。

塩分の高い食事ばかりでは、夫があっという間に高血圧症になってしまいます。
高血圧症は遺伝によって発症する事もありますが、それ以上に原因として大きいのが普段の食生活です。
日本人は元々塩分過多な暮らしを送りがちです。塩辛いお味噌汁ばかりが続いては、夫婦揃って高血圧症になってしまいますし、動脈硬化や動悸、むくみ、こむら返りなどの日常的なリスクも高まります。
また高脂質な食事が続くと、肥満からの高血圧症が発症しますので、お弁当や夕飯のオカズには必ずヘルシーなメニューを採用したいところです。

また妻の役目は食生活の管理だけではありません。夜の奉仕によって夫の心身を満足させる事も、内助の功です。
更に夫婦という親密な関係だからこそ、夫の下半身のコンプレックスを気遣う姿勢が大事になります。
男性が挿入後、すぐさま射精してしまう早漏、その悩みを直接パートナーにぶつけてしまってはいけません。
早漏は男性が抱える重大なコンプレックスの一つであり、それを妻に有り体に指摘されてしまうと、心が折れてしまう恐れがあります。

早漏はセックスの経験が浅い男性がなりがちな症状です。
セックスの経験値に男女差があると、男性側が焦りや緊張から早漏気味な射精を起こしやすいです。
経験豊富な妻の方は、男性を立て、リード役を努めましょう。
いわゆる騎乗位や対面座位などの体位であれば、男性が焦る事なくピストン出来るため、早漏の症状が現れにくいです。