早漏と余命には関連性がある

早漏と余命には関連性はありません。
そもそも早漏とは亀頭が敏感ですぐに射精してしまう状態を指しています。
20代の若者に早漏が多いのは、セックスの経験がまだ少ないためです。
経験不足は緊張を招き、それにより早く射精してしまうことが多いのです。
経験を重ねた方でも、刺激的なプレイを受けると早く射精することがあります。
パートナーとのセックスでは遅漏になるのに、風俗に行くと数分で射精してしまう男性は多いでしょう。
興奮度が高まるほど射精感も高まり、すぐに射精してしまうのです。

中高年になって急に早漏になる方は、余命が少ないと不安になる方もいるかもしれません。
若いころは問題がなくて、急に早漏になる場合は不安になるでしょうが、これはEDが原因であることが多いです。
EDはペニスの勃起力を減退させることで、ペニスの敏感な感覚を奪ってしまうのです。
鈍感になれば遅漏になると思われるでしょうが、逆に早漏になってしまう方もいるのです。
快感が鈍くなるので、自分が認識している以上の快感をペニスが感じており、暴発してしまうことが多いわけです。
いずれの早漏に関しても、余命との関連性はないので心配はいりません。

すぐに射精してしまう方は、症状に応じた対策が必要です。
亀頭が敏感だったり、興奮を感じやすかったりする場合は、オナニーをしておくのがいいでしょう。
オナニーにより性欲をある程度減退させ、持続時間を延ばすといいのです。
中高年になって発症する場合は、EDを解消することに専念しましょう。
ED治療薬を服用しながら、成人病対策をしていくといいです。
EDに原因がある場合は、ED治療薬を服用すれば治ることが多いです。
今はジェネリックも販売されており、1錠1,000円程度の薬も登場しています。